女性向けフランス・パリへ行ったら楽しみたいこと3選

シャンゼリゼ通りを歩いてみよう!

ヴィトンやクロエ、サンローランなどラグジュアリーブランドが軒を連ねるシャンゼリゼ通りは一度は訪れてみたいものです。買い物をしなくても歩いているだけで高級感に浸れますよ。気分はおしゃれなパリジェンヌ!お店を訪れる時はワンピースなどホテルでお食事をするときに着るものがおすすめです。お店によってはTシャツにデニムパンツなどカジュアルなファッションだと嫌がられることもあると聞きます。ちょっぴりおしゃれしてシャンゼリゼ通りを闊歩してみませんか?

おやつどきにはおいしいスイーツを食べよう!

市内を巡ってちょっとおなかがすいたなぁ、と思ったらおやつの時間にしましょう。マカロンで有名なパリには美味しいスイーツが買えるお店がたくさんあります。特におすすめなのがフランスでコンフィズリーと呼ばれるお菓子屋さんで、そこではさまざまな種類の飴やチョコレートを量り売りや小袋入りなど気軽に買うことができます。お店の人にチョコレート菓子など好きなお菓子を伝えれば、おすすめを教えてくれるかもしれません。コンフィズリーは街中にいくつもあるので利用しやすいですよ。

オペラ座でバレエを鑑賞しよう!

パリに来たらオペラ座でバレエ公演を見たい!そう思っている人も多いのではないでしょうか。日本でもチケットが買えますので、英語が不安な人や売り切れが予想される場合は早めにキープしておくことをおすすめします。オペラ座でゆっくりと美しい舞に見入って過ごす時間は何とも贅沢なものです。パリで雨が降って外での予定がなくなってしまった場合、チケットが残っていればオペラ座で過ごすのもありですね。バレエを習っていた方はなおさら、そうでない方でも本場の舞台芸術を楽しめるので、迫力ある舞台は良い思い出になるはずです。

パリのオプショナルツアーで人気の城巡りは、ベルサイユ宮殿ツアーやロワール地方などのパリ近郊ツアーがあります。

命名の基礎知識!姓名判断は幸福な人生の設計図

よい画数を使えば幸運度がアップ!

姓名判断では、画数・陰陽・字義・読みなど、さまざまな要素の吉凶を見ますが、中でも重要視されているのは画数なんですよね。姓名を構成する画数そのものに吉凶があり、さらにそれをうまく組み合わせることで、子供が持って生まれた運気を改善したり、これからの幸福な人生のガイドラインづくりをしたりすることができますよ。占いなんて時代遅れだと感じる人もいるかもしれませんが、統計的に見ると、姓名判断に基づく命名をしている親の数は、むしろ増加傾向にありますね。

シンプル・イズ・ベストが命名の極意!

最近では子供に珍名・奇名に類するような命名をする傾向が強まっていますよね。個性を求める親心は理解できますが、奇なるは凶に通じると言われるように、画数や響きがどれほどいいものでも、珍名・奇名は決して吉名とはなりませんね。姓名判断でも、古来「最良の名前は普通の名前の中にこそある」とされているんですよ。思いこみや一時の気まぐれ、流行に流された命名をして、あとで子供に悲しい思いをさせないように、十分に気をつけましょう。

現在使われている漢字の画数で計算!

画数の数え方には諸説ありますが、今日一般的に使われている新字体を基本にするといいですね。長い歴史を持つ旧字体を使うべきだという意見も、根強くあります。しかし、名前を手で書く機会が減って、画面表示したり、印刷したりする機会が飛躍的に多くなり、漢字の意味と関係なく、音だけを使う万葉仮名風の用法が増えているのが現状なんですよ。文字は生き物であり、時代とともに変化する存在ですから、現代に生きている私たちは、自分自身が実際に使っている字体を用いるのが自然だと言えるでしょう。

子どもが生まれるとすぐに考えなければならないのが命名についてです。できるだけ良い名前をと多くの親御さんは気を遣うことになります。