人気映画がつくられたきっかけにも!?現代生活のストレスを癒すブリキのおもちゃ

どこか懐かしい感覚が癒しになる

ゼンマイのエネルギーというのは日々の生活と似ていて、巻く加減によっけ持続する時間もパワーが変わり、巻きすぎるとゼンマイは切れてしまいます。ブリキのおもちゃのゼンマイも古くなればなるほどに慎重にまく必要があるでしょう。1950年代、目ざまし時計や柱時計のゼンマイを巻く日常の経験があった人々にとってはゼンマイの独特のラチェット音やブリキのおもちゃの手触りは、日常のストレスを解消してくれる効用があるからか、その年代を幼少期に過ごした人々のコレクターが多いのですよ。また、日本のブリキのおもちゃの歴史は100年あまりで、世界トップレベルの技術といえるでしょう。

集めるほどにその魅力に気づく

世界トップレベルということですから、海外セレブなどの中にも日本のブリキのおもちゃの大ファンという人もいます。また、ある人気映画がつくられるきっかけとなったといわれているブリキのおもちゃのミュージアムも日本にありますよ。ブリキのおもちゃはコレクションをはじめてひとつ、またひとつと増えていくごとにそのおもちゃが持つ色や形の面白さ、動きの愉快さに気づくことができるでしょう。いつの間にか、数百、数千とあつめてしまうコレクターもいて、独特の深い味わいがあたたかく懐かしい気持ちにさせてくれますよ。

古いおもちゃにしかない貫禄

ブリキのおもちゃは1960年代後半には次世代のおもちゃたちにその地位をゆずり、次第に姿を消していきました。コレクションとして大切に保管していても、ブリキは金属ですから、日本の気候で温度や湿度に気を配り、直射日光にあてないようにしていても、コンディションの変化は避けれないでしょう。しかし、ブリキのおもちゃは長い年月を経て独特のくすみと深み、味わいが出てきて、これがコレクターにとってはたまらないといわれていて、新しいおもちゃにはない古いおもちゃだからこそ貫禄の色を出せるのです。

フィギュアの買取は専用の買取サイトのランキングを参考にすると良いでしょう。人気のある業者に買い取りしてもらえば高く売る事ができます。