最低限ここはチェック!子どもの命名で気をつけること

読めない名前は避けよう

最近は、いわゆるキラキラネームというものも流行っていて、子どもの名前のつけ方を悩む人もいるでしょう。ちょっと人とは変わった名前を付けたいというのも親心でしょうし、何の問題もありません。でも、突拍子もない当て字だったりあまりにも難読なものは避けてあげましょう。一生に渡って名前を間違って読まれたりするのでは子どもも気の毒です。一般的な漢字で一般的な読み方のものなら、本人も回りの人も不便を感じることがありません。

音の響きがいいものを

名前は音声で呼ばれることが多いので、口に出したときに違和感のないものがいいでしょう。漢字で書けば何の問題もなくても、発声すると問題がある名前というのもあります。別の意味を持つ単語に似た発音になってしまったりすると、呼ばれるたびにくすくす笑われることもあり得ます。呼んだときに、しっかり名前だと判別できるような名前が無難です。最近はグローバル化も進んでいるので、外国人にも呼びやすいものがいいでしょう。

検索してみて決めよう

名前の候補が決まったら、インターネットで検索してみるのもおすすめです。自分が知らないだけで、同姓同名の有名人や犯罪者が存在している可能性もあります。敢えて有名人と同じ名前にするという選択肢もありますが、その有名人が一生人気者だとは限りませんので注意しましょう。まったく同姓同名ではなくても、読み方が同じだったりすると紛らわしいことにもなります。できれば現時点であまり有名人などとかぶらない名前がいいのではないでしょうか。

誰もが姓名判断について気にかけていますが、的中率の高い占い師に鑑定してもらいたい場合は、口コミやランキング表が参考になります。